英語力アップに関してのインタビュー-Arata-東京田町の英会話教室 English Plus/イングリッシュプラス 東京都港区 英語学校 英語カフェ 留学サポート

English Plus®
 English Place to Learn, Use and Step-up
   OPEN: 10:00~20:00(火-金) / 10:00~16:00(土) / 日・月曜定休
                
所在地 : 〒108-0023 東京都港区芝浦3-20-3-2F    ※JR田町駅徒歩7分  
電 話 : 03-3451-9885   
メール : info@e-plusweb.com メールを送る
ブログ : http://blog.goo.ne.jp/artismart/ 英語ブログを見る 毎日
Facebook : http://www.facebook.com/englishplusjp English Plus Facebookを見る
YouTube : https://www.youtube.com/user/EnglishPlusTokyo English Plus YouTubeを見る
ホーム スクールのご案内 カフェのご案内 留学サポートのご案内 よくあるご質問アクセス(交通) お問い合わせ


 みんなが聞きたい!
 英語力アップに関してのインタビュー!!


 Tell us your story about how to improve English skills!

 インタビューにお答えいただいたのは… 
             

    

 English Plus 講師・代表のArataさんです。
 ご自身の基礎英語力習得時のことや取り組んだ学習方法について
 お話しいただきました。
 また、ご自身の体験・ティーチング経験等から実践されている、
 本物の英語力向上のためのEnglish Plusの方針・取組みも簡単に
 ご紹介いただいています。

 

    2014年8月20日インタビュー   
   
 Q. English Plusでは、なぜテキストを使わないのでしょうか?

   
   
Arata English Plusのレッスンはテキストに沿ってレッスンを進めていく、というスタイルではありません。English Plusのレッスンは、独自に研究しているオリジナルのカリキュラムに沿って進んでいきます。このようなスタイルを採用しているのは、効果的かつ、できるだけ早く英語力を身につけるためと、徹底的にリアルな会話(何が次に言われるのかわからない生の会話)を通して実際に使える英語力をつけていくためです。
    実際、学校で学んだような相手が言うことがわかって進んでいくテキスト通りの英会話は、実際の英語のやり取りの場面ではありません。ですので、次に何を質問されるかわからない、実践的なレッスンを通して、実際に使える英語力を養っていきます。そのために会話用のテキスト等は使いません。英語はあくまでもコミュニケーションツール、相手の表情や感情、言葉を通して温度が伝わるツールです。この実際に使える本物の英語力習得のために教室・カフェ・留学サポートを通して英語力習得のサポートをしています。

   
   
 Q. 英語習得まで時間がかかるのではないでしょうか?


Arata 個人差はありますが、時間はかかります。自分が最初にした語学留学の時もある程度、自分の納得がいくコミュニケーションが図れる英語力ができるまで2年近くかかりました。実際、留学当初ネイティブや語学学校の友人が話していることをしっかりと聞き取れるまでに4〜5ヶ月必要だったことを覚えています。

   
   
 Q. 留学前に英語はできたのですか?

   
   
Arata 留学の前に初めてTOEICテストを受験しました。その時のスコアが500点半ばだったのを覚えています。スコアはそれほど悪くなかったとその時は感じましたが、実際に留学先の学校に行ってから打ちのめされました。まず、生の英語が聞こえないんです。ネイティブの先生の話す英語、学校のクラスメートが話している英語が全く聞き取れませんでした。かろうじて聞き取れるまで時間が必要でした。徐々に聞き取れるようになってきたのはいいのですが、全く話せないんです。一言も出てこない・・・。今考えれば、「完璧に話そう、とか、間違えてバカにされたくないなぁ…というプライド、また周りの人間にどう思われるかを気にしすぎていた」ことが、英語を話せなくしていた原因でした。実際、自分の無口ぶりには留学先の学校の先生も心配するほどでしたが、”Don’t be shy. We just want to hear your opinions.” というようなアドバイスを一人の先生にしてもらったことで、すごく気が楽になり、それ以降は間違いを気にせず、英語を話せるようになりました。自分の実体験から言わせてもらえば、まずは”Practice makes perfect!”(習うより慣れろ)です。しっかりと基礎英語力をつけながら、間違いを恐れずどんどん話すトレーニングをしましょう!きれいな英語は努力を重ねて徐々につけていきましょう!まずは、間違いを恐れず相手の言っていることを理解し、コミュニケーションを楽しむことから始めましょう。

   
   
 Q.どのように勉強されたのですか?


Arata 最初の留学先の学校ではレッスンを平日毎日4時間程度(文法・会話・TOEIC・ビジネスのクラス等)受講していました。レッスン受講後は、レッスンで学んだこと(特に語彙・表現・文法)をレッスン後の早いうちに見直したり、ノートにまとめたり、出された課題に取り組んだり、先生に教えてもらったおすすめの英語参考書を購入して取り組んだりしていました。自分の英語学習法は基本的に「レッスン+自己学習で復習」でした。自己学習から出てきた質問は、ノートに書き留めておき、時間を見つけては学校の先生に聞くようにしていました。

   
   
 Q. 英会話をしたい人に一言お願いします

   
   
Arata English Plusにいただくお問合せの中でも「英会話をやりたいのですが」というお問合せが実際に多いのですが、大人が語学を習得していく際に、「聞く」「話す」「読む」「書く」という4つの技能の中で、一番身につけづらいのが「話す」という技能だと自分の英語学習経験を通して思います。この原因は、会話をするための「基礎知識(語彙・文法)+会話のトレーニング」が不足しているからです。「基礎の知識は中学・高校で充分やりました」という方が多いのですが、実際に基礎の知識を「知って」いても「使える」能力にするためのトレーニングが足りないことも事実です。ですので、英会話を習いたい!つまり、他人と英語で会話をしたい!英語でコミュニケーションを楽しみたい!という方は、まず自分が話したいこと+相手が話す内容を理解するための「語彙」を習得することが必要です。また「語彙」をつなげて意味が通じる文章にするための「文法」の習得も加えて必要です。但し、会話をするには「語彙・文法」を理解・習得した上で、使うためのトレーニングが必須です。「話す」力を伸ばすには「話す」等、アウトプットのトレーニング方法しかありません。間違いを恐れずにどんどん話しましょう。 それから、英会話を成立させるためには、自分が一方的に話すだけではなく、相手の言っていることを「聞く」力も必要になってきます。「聞こえる英語」は「自分の知っている英語」です。ですので、聞く力も「語彙・文法」の基礎の習得が欠かせません。この「語彙・文法・話す力・聞く力」が組み合わさって「英会話」が成り立ちます。ですので、基礎力が足りないまま、英会話のレッスンを受講しても、自分が思うような英会話はなかなかできないと思います。
    English Plusでは、レッスンの中で英語の基礎を構成する「語彙・文法・表現・発音」を学び、そこから自分で英文を作り上げることができる本物の英語力を育て、話す・聞くトレーニングを通して英会話力をつけていきます。今までの学校で学んできたようなダイアローグを丸覚えはしません。自分でダイアローグをアドリブの状態で作れる基礎英語力を作っていきます。
English Plusのレッスン受講生は集中して英語を学び、楽しく英語を使っていきますので、90分という長めのレッスン時間はあっという間に過ぎます。「基礎を学んで自分で応用する」=「基礎英語力をつけて、どのような場面でも使える実践力にしていく」という方針は、English Plusをオープンして以来、全く変わっていません。今後も、小さい英語学校だからこそのアットホームさ・英語学習サポートを通して英語学校レッスン受講生の基礎英語力アップのサポートをしていきたいと思います。

   
   
英語を学ぶ時に大切なこと、そしてEnglish Plusの方針もよくわかりました。Arataさん、ありがとうございました。
Arata ありがとうございました。

   
     
   そのほかのインタビューはこちらから  
     

このページのトップへ戻る >> 

 
 

 企業概要 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示 | 採用情報 | サイトマップ | リンク  


〒108−0023 東京都港区芝浦3-20-3-2F   TEL:03-3451-9885   English Plus
All rights reserved (C)2011-2017 English Plus

当ホームページ内のテキスト・画像の無断転載・転用は固くお断りいたします